2010年8月25日

SONYから第3のデジタル一眼発表

第3のビールみたいな感じ?ってな思いつきでタイトルにしてしまいましたがw
SONYからついに本命と目される、新機軸デジタル一眼が発表されたので報告です。

パナ&オリのマイクロフォーサーズ陣営が世に問うた、ミラーレス一眼を第2とするなら
第3のデジタル一眼と言えるような新たな刺客が、今回SONYから登場するα55α33の2機種。
はたしてその新機軸の内容とは如何に。(動画参照)

ミラーレス一眼では、デジタル一眼レフカメラからミラーボックスを無くして小型・薄型化を狙った。
同時に、レンズシステムを含めてのミニマム化というのが大まかなコンセプトだった。
しかし、AFシステムはコントラストAFで、基本的にはコンデジのモノと同じ。
位相差AFを備える一眼レフ機と比べると、一呼吸おいてシャッターが切れる感じだ。
撮影テンポも、カメラのレスポンスに合わせるようにゆっくりしたものになってしまう。
ライブビューでモニターを見ながら撮影するスタイルも、まさにコンデジ感覚。
レンズ交換が出来て、画質も良く、コンデジからのステップアップユーザーには好適なんだけど
それまでのデジタル一眼レフからの乗換え組からすると、レスポンスは妥協せざるを得なかった。

コンパクトさを求めるならコンデジがある。
撮影レスポンスを求めるならやはりデジタル一眼レフに敵わない。
ライブビュー撮影もするけどファインダー撮影もしたい。
ミニマムなシステムを築きたいならミラーレス一眼だろうけど、それよりも優先したいことがある。
そうお嘆きの貴兄に、デジカメで世界初の透過ミラー搭載機という第3の選択肢が加わった。

 

 


ボク的に、先に発売された α-NEXシリーズ 登場時から密かに期待していた α(Aマウント)の後継機。
それがこんな新機軸を入れてリニューアルするとは・・・
HD動画撮影機能はもとより、ミラーを固定透過型としたことで手に入れた性能が大きな魅力。
あとはEVFの見え方がどうなのかが気になるところではあるけど
初心者からハイアマチュアまで広い対象に訴求力のある内容になっているし
今のところ同クラスでは間違いなくベストバイでしょう。

.

6 件のコメント:

コメントを投稿