2010年6月7日

悶絶!毒針攻撃に殺られまくる


とまぁ、なんとも物騒なタイトルにしてしまったが、でもまさしく殺られまくったのである。
まさかあれほどの恐るべき刺客が、ウチの敷地内に潜んでいようとは・・・

 
その刺客とはチャドクガの幼虫(いわゆる毛虫)
後から調べて分かったのだが、ヤツらの攻撃力はハンパねぇレベルだ。
知らなかったとはいえ、半袖で立ち向かうとは、まったくウカツだった・・・。
露出してた両腕、首周りを中心に100ヶ所以上もやられた。。
直接触れたわけでもないのにだ。
どうやらヤツらは毒針を拡散的に飛ばして攻撃してくるらしい。
さらには、直接攻撃だけでなく、衣類や手に付着した毒針によって、二次的にもやられるのだ。
それで、まぶたも腫らしてしまって、一時はかなり危ない人相にもなった。
体の異変に、コイツはちょっと普通じゃないなと、今回ググッて初めてヤツらの恐ろしさを知った。
それで早速、翌日には皮膚科を受診して、抗ヒスタミン薬とステロイド軟膏を処方してもらった。
攻撃を受けて24時間後くらいがピークで、赤い発疹とともに襲ってくる痒みはまさに悶絶するほどだ。
現在3日目で、速やかな対処が功を奏したのか、いちおう事態は収拾に向かいつつあるというところ。
しかし、痒みは相変わらず強く、これがぶり返しては数週間も続くとか・・・
確かに、思い起こせば、数ヶ所の攻撃は過去に何度か受けていて、治るのに4週間くらいかかってる。
今回、薬の効果でどこまで症状が緩和されるか・・
もともと過敏症で、単なる虫刺され程度でも酷くなってしまう体質だけに憂鬱だ・・。

 

 

今回、ウチの花壇に植わってる椿の剪定をしていて攻撃にあった。
すでに随分と葉を食い荒らされた椿の木を見かねてのことだったのだが
あまりにも無知で無防備な自分だったなと・・。
以前から、花壇の手入れをしたりしてると、あとから痒くなることが多々あって
なるほど、今回の件で真犯人が分かって、スッキリした部分も多少なりともあるにはあるんだけど
しかし、それには大きすぎる代償だった。。


只今、ヤツらの活動期にあたる時期で、被害報告も増えてるそうです。
みなさんも、くれぐれも毒毛虫には注意してください。(´Д`υ)

.

17 件のコメント:

コメントを投稿